お酒を楽しむ

お酒を楽しむ
美容と健康に
Bar&cocktail
本/映画にまつわる

本/映画にまつわる

 本や映画を見ていると、たくさんのお酒が出てくる。
 それは、ロマンチックなシーンであったり、べろべろに酔っぱらってしまうようなシーンだったり、いろいろだ。
 そのお酒がどんなものなのか、試してみよう〜

 わざわざ買いに行ってもいいし、飲みに行った機会にチャレンジしてみてもいい。

ライ麦畑でつかまえて

 この小説は、1人の少年の話で、学校を成績不振で退学→家を飛び出しNYを放ろう(数日)→帰宅、その出来事を語ったもの。
 この子がNYで、初めてバーに入る。
 そして、大人ぶってお酒にチャレンジするときに、バーボンソーダを注文するシーンがある。

 バーボンなんて、普段は飲まないけど、気になってバーボンソーダを頼んでみた。
 ソーダのシュワシュワで飲みやすいけど、大人の味がする。
 そのNYのシーンが、前よりリアルに感じるようになった。

鴨志田譲・西原恵理子

 カメラマン・マンガ家の夫婦で、合作も多い2人。
 合作と言っても、鴨志田さんの写真は少なく、エッセーのような文章が多いのだけど、おもしろい。

 彼のバンコク生活での話では、よくメコンウィスキーが出てくる。
 “ウィスキーとは違った味”と書いてあったので、エスニック料理を食べに行った時に見かけたので頼んでみた。
 紹興酒のような甘い味で、匂いもアロマチックで、とても好きな味だった。

 普段なら選ばないであろう、ウィスキー…世界にはいろいろなお酒があるね〜、こういう機会があってよかったな。

シェフと素顔と、おいしい時間

 ジャン・レノのキッチンでのふるまいが素敵な映画。
 これに、カロンセギュールというハートのラベルのワインが出てくる、その時の会話のシーンが好き。
 年代によっては高価になるけど、安いのもあって、おいしい。
 お友達としか飲んだことがないのだけど、これはロマンチックなシーンで飲んでみたいワイン。

 ほかにも、有名なプリティウーマンのシャンパン+ストロベリー、ベティ・ブルーのテキーラ・ラピドだとか。
 いや、どっちも飲んだことないけど、こうやってお酒の世界が広がっていくのはおもしろい。

ホーム