食べること

玄米&発芽玄米
常温が体にいい
お水で体内リセット
スローフードって?
宅配記録(oisix)

お水で体内リセット

一日2L以上

 人間の体は70%が水で出来ていて、おトイレや、汗、肌からの蒸発などで一日で約1.5Lが出ていく。
 これ以下しか水分を取っていないと血液の濃度が上がって、よくいう血がドロドロな状態になってしまい、代謝も落ちる 。
 体内の水分を毎日、総入れ替えするためにも、出来れば2L以上のミネラルウォーターを取ることが体にいいと言われてる。

 食事で水分を多く取る人は(スープなど)、少なめに設定してもOK。

水の効果

 生活習慣病の予防や、血のさらさら効果、代謝のUP、便秘解消、などダイエット効果を期待するなら絶対お水が効果的。
 しかもミネラルウォーターを飲むだけで、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが取れるので、現代人に不足しているものが補えるのもうれしいところ。

 ちなみに有名ですが、コントレクッスなんかは、1.5L飲むだけで、牛乳瓶3本分のカルシウムとアーモンド30粒のマグネシウムが取れる。
 たくさんのひじきや海草類、乳製品を食べないと十分な量に満たないものが0kcalで、飲むだけで取れるのは嬉しいし、ダイエットに働きかけるのはミネラルによる、新陳代謝UPも。

軟水vs硬水

 私がここで書きたいのは、水の大切さなので飲み易い方で続けてみて。
 マグネシウムとカルシウムの量によって決められています、成分表示の所に“硬度”というのがあります。

 硬度100未満…軟水。主に日本のミネラルウォーター。ボルヴィッククリスタルガイザーなど。

 硬度200〜300未満…中硬水。有名なのでいうとエビアン、微炭酸のROCCHETTA
 硬水が苦手だけど飲みたいな、という人はこの辺から慣れてからだと飲み易くなる。

 硬度300〜…ミネラル成分が豊富。主にヨーロッパのお水に多い。最初は飲みにくい人もいますが、慣れれば水によっての味の違いが楽しみになったりもする。

ヴィッテルコントレックス、クールマイヨールなど。

注意)硬水の種類によっては、結石によくないものもあるそうなので…心配な方はお調べ下さい。

ガス入りウォーター

 あの微炭酸が、体に溜まった乳酸(疲労物質)の排泄を促す作用があるのだそう。ってことは疲労回復に効=ダイエット&お肌にもいいってこと!
 そのうえ、あの刺激が胃や腸を刺激して 便秘にもより効くらしい。

ジュースは飲まない

 もともと育ちが、ジュースは特別なもんで、飲む習慣がない。
 そのおかげかジュースなんかにお金を出すのがもったいないし、糖質が多い物はデブへの一歩なので100%果実か、野菜ジュース以外は飲みません。

お茶vsミネラルウォーター

 お茶にはカフェインが入っているものもあるし、嗜好品として楽しんでる。
 感じづらいかと思うけど、意外と身体を刺激するものなのです。

 お水の方が、身体に浸透するのが、お茶などに比べて早いらしいので、やはり体内入れ替えはお水に頼るのがいいようです。

テレビCMで話題の天然水!★富士の湧水ガロンボトル無料!★

ホーム