ナショナル ハイブリッド式生ごみ処理機リサイクラー


エコロジー

世界がもし
100人の村だったら

stop the 温暖化
チーム・マイナス6%

温度調節でマイナス
節水でマイナス
車&ガスでマイナス
エコ商品でマイナス
簡易包装でマイナス
節電でマイナス
リサイクル→ゴミ減
自転車にのる

世界がもし100人の村だったら

心に響きます

世界がもし100人の村だったら 世界がもし100人の村だったら(2) 世界がもし100人の村だったら(3(たべもの編))

 世界がもし100人の村だったら〜楽天ブックスより〜

 上記のリンクからでも、購入できます(表紙を目印に)。

一部抜粋

100人のうち52人が女性です
48人が男性です
30人が子どもで 70人が大人です
75人は食べ物の蓄えがあり、
雨露をしのぐところがあります
でも、あとの25人はそうではありません
17人は、きれいで安全な水を飲めません

もしもあなたが
空爆や襲撃や地雷による殺戮や
武装集団のレイプや拉致に
おびえていなければ
そうではない20人より
恵まれています。

銀行に預金があり、財布にお金があり
家のどこかに小銭が転がっている人は
いちばん豊かな8人のうちの1人です

池田香代子さんのコメントです。

 世界的に見ると、水は本当に無いんです。
 少ない水を綺麗にしたり、それを水道で配ったり、そういう施設もお金が無いから作れないという国があります。
 アフガニスタンでは、13%の人しか安全な水にアクセスできないそうです。
 きれいな水さえあれば治る病気、かからない病気で多くの子供達が苦しんでいます。
 一方、日本人の食糧の60%は海外で作られたもので、その食糧を作るためにも水が必要です。
 例えば、牛丼1杯を作るのに必要な水の量は約2トンです。

影響を受けたのは

 この本は特にエコロジーに対してだけの内容ではなく、エコロジー、病気、生活水準、人種、犯罪、戦争etc。
 世界の人口を100人に縮小してみたら、どれだけのパーセンテージの人がこうなんだよ。という内容。
 元は、アメリカの学校の先生が自分の生徒達宛に毎日メールで送っていたものが、それが親に伝わり、世界に広まった物語だそう。
 絵本のような本なので、活字が苦手でも読めると思う。

 分かっているつもりだったけど、世界には日本とは全く違う生活があって、私たち日本人は本当に恵まれている事を深く感じた。
 それは、100人の村という世界の縮小版で知ったからかもしれないし、文章が問いかけてきたのかもしれない。

 私一人が何かしても変わらないから…そう思いながら過ごすのが悲しくなってしまったの。
 大きな事は出来ない…、毎日他の国の事を考えて暮らせるわけではないけど、出来る事少しでもしたいなと思ったきっかけの本。

ホーム