ナショナル ハイブリッド式生ごみ処理機リサイクラー


Beauty

ベースメイク編
ポイントメイク編
無料でスキンケア

ポイントメイク編

 私、お化粧には自信がある。
 長年してきた経験で自分に合う、色や強調の仕方が分かったこともありますが、不器用でも上手に見えるコスメ選びが大切だったりします!

コスメ選び〜ポイントメイク〜

アイシャドウ

 2色〜4色の濃淡がセットのシャドウが一番使いやすい。
 なぜって最初から色を合わせて造ってくれてるから。
 一色づつバラバラに売っているのを自分で組み合わせるのは、結構上級だと思う。

 色味は薄づきタイプか、色は自分が付けたい色より少しだけ、薄めのを選ぶと、失敗しづらい。  『あっ、濃く乗せすぎた!』ってことがなくなると楽。←濃いのを修正するのは大変
 薄かったらまた、少しづつ重ね足していけばいいからね。

 それと、細かいパール入りがおすすめで、ナチュラルメイク派は微粒子ラメが派手にならずいい。  これは発色が良くなるし、アイシャドウの色が引き立ってくすみのない感じに仕上がるので。

マスカラ

 アイメイクをしたら、目元を締める意味でつけた方がいいし、欧米の女の子はお化粧しなくてもマスカラだけは、きちんとしてる。

 それだけで、目元がパッチリして表情が出来るし、やっぱし女の子の睫毛は濃い方がカワイイ。
 下睫毛にもつけるのも忘れずに、これが濃くなりすぎて好きじゃない人は目頭の近くの3〜4本にだけ付けるとナチュラルに仕上がる。

 マスカラのウォータプルーフって使いづらいと私は思ってる。
 ちょっと滲んだらウォータープルーフなだけに全然落ちないし、その滲みを直すのが大変だから。

 ラン○ムはホントにいいのか?
 昔…今も?流行って、まとめて3本買いしたのに、1本使ってみたら…滲むじゃないの。
 化粧下手には扱いづらかったのでしょうか…?

 普通のやつも楽で好きですが、メイク直しのしやすさと、落としやすさは、フィルムタイプ
 これなら、乾いてしまえば落ちてきてもつまんでとれちゃうし、絶対滲まない!

デジャヴュ ファイバーウィッグ 黒 デジャヴュ ファイバーウィッグ 黒 ←愛用中4本目

睫毛パーマの効果

 3ヶ月に1回くらいの頻度でかけてる。
 なにがいいって…楽ちん&いつでも目がパッチリ。
 ビューラーを使わないから、痛まなくていいという話もある。

 サロンでは、ベッドに横になって目をつぶって、お姉さんが睫毛パーマをかけてくれる、その時間、気持ちもリラックス出来て好きだな。

アイライン

 目の際を埋めるように…、アイラインだけは慣れ。
 太かったらおかしいし…(いくら目を大きくしたくても絶対変よ〜!)

 って、それじゃ‘コスメに頼る化粧上手’を読んでくれてる方に申し訳ない!!
 柔らかいペンシルを選んで、片目をつぶって瞼を斜め上に引っ張りながら睫毛の際を少しづつ目尻からちょとづつ書いてみて!
 ペンシルだと多少太い線になっても上はぼかしちゃえば馴染むから失敗が少ない。
 特に、スティックペンシルタイプは常に細い状態でいてくれるのでコツが掴みやすい。

 先にペンシルで引いておくと、リキッドタイプも乗りやすい(気がする)、リキッドが難しいのは、目頭あたりじゃないでしょうか?
 けど、ペンシルの後なら、目尻の方だけ引いてもおかしくないから…是非両用してみてくださいな。

 普段ペンシルだけだけど、夜遊びとか、パーティーなどのハデな感じの時にリキッドを足して使ってます。

リップ

 口紅は荒れるので、グロスのみ。化粧直しも簡単だし…。
 このグロスっていうのは、はみだしても修正しやすいし、唇の形きっちりにつけない方が自然に仕上がるから、不器用でも使いやすいアイテム。
ホーム