イタリア大好き

こんなきっかけ

Manjare!Buono

チーズ&ハム
パスタ
オリーブ&パン
カフェ
ミネラルウォーター
グラッパ
ワイン
デザート

イタリア人気質

キス
Bonjorno!
他人にも親切

多発する犯罪

イタリアの犯罪

旅日記

ナポリ
レッチェ
アルベロベッロ
ローマ
フィレンツェ
ベネツィア
ミラノ

Cafe&Bar

BAR

BARっていうのがたくさんあり、ここではカフェ、アルコール、軽食などがある。 カウンターと、座れる席があるけど、座ってゆっくりしたい時には、カフェに行くのが普通みたい。 BARはカフェを飲むためだけ。という感じなのでちゃちゃっと入って出ていくリズムがある。 そしてカフェと言えば、エスプレッソが基本。

おいしいワケ

カウンターには砂糖が置いてあり、みんなたくさん入れる。 渋いおっさんもたくさん入れてる。 なんでも、最後に溶けきれなかった砂糖をすくって食べるのがイタリアンの楽しみとか。 試してみると、濃い苦みと砂糖の甘さはピッタリ。もちろん、底に残った粗目の砂糖はデザートに匹敵ものだと思った。

それから旅行中イタリア人並に(多分)BARに通いました。そして、色々試した。 とにかく、基本がこのおいしいエスプレッソ。 これにミルクを加えたり、グラニテにしたりとするんだから、何を頼んでもおいしかった。

どこのBARもちゃんとバリスタ(エスプレッソ職人?)がてきちんと作られてたよ。 帰国前にお金に余裕がもしあったら‘エスプレッソマシーン’を買ってしまいそうなくらい、カフェにはまった。

カフェ(エスプレッソ)

デミタスカップといわれる小さなカップで出てくる。 エスプレッソマシーンで、圧力を強くかけてドリップというより抽出したもので、味がとっても濃い(いい苦み)。 朝とか、食後のスッキリしたい時。散歩の途中に一杯。とさっきも書いた通り、砂糖をたくさん入れて楽しむ。
また、ティラミスとはピッタリ。

カフェ・カプチーノ

イタリアに着いて初めて頼んだ日本でも馴染みなカプチーノ。 感動したのは、こんなにミルクの泡とココアパウダーが乗ってるのは日本で見たこと無い!
とってもリッチなカプチーノが貧乏旅行でも楽しめるなんて。 あるお店ではバリスタさんがココアパウダーでハートを作ってくれてたり。

カフェ・ラテ・マッキャート

カフェ・ラテはあまり飲まなかったですが、牛乳多めで優しいこちらがお気に入りに。 どんなモノかというとマッキャートって言うのはイタリア語で“染み”って意味なんですけど、ホットミルクとミルクの泡にエスプレッソを少量入れたもの。
カップで出してくれる店も多いですが、透明なグラスで出てくることが多かった。 小腹が減った時、胃が疲れている時、休まりたいときにいいなと思った。

カフェ・マッキャート

カフェ・ラテ・マッキャートと間違えないでくださいね、(あたし最初間違えましたから)逆の染みです。 エスプレッソにミルクを足したものが、こっち。

カフェ・コン・パンナ

エスプレッソに生クリームが乗っている。このコン・パンナ‘生クリーム乗り’って言葉を覚えておくととっても便利!
スターバックスみたいな色々乗ってるのが好きな人はエスプレッソに限らず言ってみるといい。 ラテ・マッキャートにのせてデザート代わりに食べたりしても、おいしい。

チョコラータ

チョコ??おいしそうと思って頼むとそれはとっても甘いココアでした。カフェに飽きたらこっちもオススメ。

あぁ書いてたらまた行きたいやらエスプレッソマシーンが欲しい熱が出てきました…。買うなら絶対もう一回行って買うぞ。

→エスプレッソの扉
エスプレッソに興味持った方こちらのサイトがかなり詳しく愛しく書いてありますので 読んでみてください。

ホーム