イタリア大好き

こんなきっかけ

Manjare!Buono

チーズ&ハム
パスタ
オリーブ&パン
カフェ
ミネラルウォーター
グラッパ
ワイン
デザート

イタリア人気質

キス
Bonjorno!
他人にも親切

多発する犯罪

イタリアの犯罪

旅日記

ナポリ
レッチェ
アルベロベッロ
ローマ
フィレンツェ
ベネツィア
ミラノ

イタリア大好き

 お手本にしたい、楽しく、やさしく生きてるイタリア人、イメージ以上にステキな国だった。
 大切な時間を知ってる感じが好き。
 だから、おいしい食事とワインと、おしゃれな洋服に、雑貨が、芸術品があふれてるんだと思う。
 また行くときが来るまで、日本でラテンに生きるぞ。

きっかけは憧れだった

 おしゃれなイメージのある国イタリア。
 いつかは行きたいと思ってたので、イタリア語をとりあえず習い始めた。
 先生と話をしたり、本を読むうちに私の思う理想な生活を、普通にしてるんだと知る。
 仕事もするけど、大切な人と過ごす時間が一番大切で、愛が一番、実戦しているところが素敵だ。

 この愛と言うのは男女だけの話でなくて、文化とか、音楽、食、芸術…家族に友達…もちろん恋人や夫婦。
 そして、他人にまで。

1ヶ月ヒトリ旅行

 イタリア語教室に週1で4ヶ月通ったところ、どうしても前置詞とやらが覚えられない。
 短大時代に第2外国語で選択したフランス語の時はあきらめられたけど、イタリアはあきらめたくない。

 フランス語やイタリア語は、名詞に男と女があって、それを覚えるのが、私は苦手だ。
 そんな語学に、くじけそうな時に会社がつぶれた。

 留学貯金していたので貯金はある、突然な休暇ができた。
 仕事とか、恋愛で疲れていた私は、誰にも気使わないでのんびり好きな時間が過ごしたいと思った。
 ついでに嫌いになってしまいそうな、イタリア語も行けば覚えるだろう、なんか行って来なよってタイミングがそろった時期だった。

 1人で色々調べて計画ちょっとだけたてて、旅券やら汽車の券取り寄せたりして、決めてから3週間後くらいには出発した。
 行ってみたら、迷子やらストがあって汽車が動かないとか、ホテルが見つからないとか…困ることもたくさんあったけど、 その都度、地元の人達に助けてもらって、困ったこともいい思い出に変わってしまう、いい国だったのです。

 *私の解釈なので、機会があったら行ってみてくださいね。
 きっと、全然違う経験したり感じ方をすると思う、ホントだって共感することもあるはずだから。

ホーム