好きを仕事に

もう遅いはない!
スクールのススメ>
給料の増or減
私の転機
面接通らず不安な日々

スクールのすすめ

スクールはバカに出来ない

 受講資格なし、時間を選べる、働きながら行けるし、スクールは就職率、検定合格率を上げたいので真剣に相談にのってくれます。

 専門や大学には勝りませんが、短期間で基本的な技術が習得でき、就職に有利な事を色々と教えてくれます。
 年齢とお金の事を考えると専門や大学に入り直すなんて悠長な事は出来ないと思いませんか?

 ‘もう遅いはない’と書きましたが、やはり転職(職種を変える)は早ければ早い方が有利です。

本当にスクールなんかで就職に繋がるの??

 私も思いました。ですが、これしか先に進む方法が浮かばなかったのです。
 就活しても、スクールの名はとくになんの力も持ちません。
 ただ、どうしてもやりたかったので、これだけの知識を得るために通いました。とやる気度アピールには繋がりますし、基本的な知識が必要な会社もあります。

 ただの習い事で終わらすか、仕事につなげていくかは活用次第です。
Aさん(当時28才、高級ブランド大好き)
OLからの転職をめざし、給付金を使い受講。同時にカラーコーディネーターの資格も勉強中しており、ブライダル関係のデザイン事務所にアシスタント採用。 感想
なんとかして、独立したいのよ〜。だからここでコネを造るわ。
やっぱりブライダルで幸せな物を造っていきたいのよ〜!

Bさん(当時34才)
年齢的にデザインでは難しいと面接で言われ続けたが、明るさが評価されてデザイン知識のある営業として採用。重宝されてるらしい。 感想
デザイン部ではないけれど、営業でもMacを使える人間が少ないから、色々任せてくれてやりがいがあり、楽しい。

Cさん(当時40才)
就職活動は曖昧。学校は好きなようでしたが、就職したかは不明。

資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載 ↑資料請求無料なので、こういったモノを見てどんなのがあるかを知るにもいいかも。
Aくん(当時32才)
給付金を使い受講。イラストが好評で希望通り、車の広告を手がけるデザイン部に採用。 感想
これで安心だよ。ただMacじゃなくてWindowsなんだけどね、使いづらいよ。

Bくん(当時27才)
調子のよさゆえどこでも、営業に来ないかと誘われるも、最後はDTPの事務所に採用。 感想
いつかは、また転職するつもり。でもスキルアップのために今の所でがんばるよ。

Cくん(当時25才)
就職するも内容が気に入らないらしく、転職をくり返す。スクールの先生に拾われ、先生が立ち上げた事務所で勉強しながら働く事に。 感想
出来高だから収入が安定しないからやっぱり会社員で就職したいなぁ。

 さて、いかがですか?私が知っているのはこの業界だけで申し訳ないのですが、他にも医療事務の資格を取って先の転職に備えている子や、資格を取って、責任のある仕事をさせてもらいたいと勉強している子など、上手に活用すれば無駄にはならないと思います☆

ホーム