ストレス対策

してあげる~したい
“NO”と言えるように
涙でヒーリング
泣けるものグッツ
等身大でいいの

涙でヒーリング

涙の成分

 涙は、シチュエーションによって成分が違うようです(科学的に)。
 普段眼球を潤している涙。
 感動して流す涙。
 悲しい、悔しいなどの涙。

 この悲しい、悔しいときの涙には、傷ついた心を癒す成分が入っているそう。
 泣くとスッキリするのは、これのおかげのよう。
 それに泣くというのは体力を使う、子供がたくさん泣くと疲れて寝ちゃうでしょ、そんなもんなのだ。
 大人になっても、コロッと寝れないまでも、永遠と泣き続けることなんてない。

 これは、科学的に証明されていないけど、女性の寿命が男性より長いのは、涙を流す量が多く、ストレスが少ないからだとも言われているらしい。
 そんなわけなので、大いに泣いた方が健康にもいい。

泣けなかったこと

 私は泣き虫な子供だったし、初めて失恋した高校生の頃もえらく泣いた。
 次の失恋・次の失恋(何回してんだ、ふられてばっかなのか?!)では減っていった。
 泣くと、よりいっそう悲しくなることが分かったからだった。
 そうすると、どんどん強くなるんだけど、実は貯めているような状態になる。

 大人になってくると、失恋なんかより悲しいこと悔しいことが起こったりして、そんなのは何故か一気に身にふりかかってくるのよね。
 泣くのはやめよう、悲しくなっちゃうから…
 そう思っていたけど、間違ってた。
 ある日ね、糸が切れて涙が止まらなくなっちゃった…強がってたせいでうまくいかなくなっていた事も重なってたし。

 だけど、その日から徐々に楽になって、感情を抑えて生きるのは人間無理だと思った。
 泣きたいときは泣きなさい、それってホント。
 がまんが一番よくないね。

ストレス発散に

 さて、人生そんなに悲しいことばかり続かないので、泣かずに過ごす日々が普通だったりする。
 そんな時でもなんかしらストレスが溜まっているのでしょうか?
 最近涙流してないな…、泣きたいなと思うことがある。

 そんな時は、泣ける本・映画を見て疑似体験泣きしたり、それによって思い出した過去を振り返って涙したりしてる(なんだそりゃ?)
 それは不思議で、日常のストレスが発散されていく。
 仕事や日常でストレスを感じていたら、だまされたと思ってためしてみてください。
ホーム