Boston Diary

ボストンに決めたのは
実際のボストンは
留学生のデブ率100
語学学校について
語学学校苦労と楽しさ
ゲストハウスに住む
ハロウィーン★
X'masと正月
感謝祭(カナダ)
日本紹介
SALAM(郊外へ)
ビックリ外国人1
ビックリ外国人2

ボストンに決めたのは



紅葉、クラムチャウダー、大学、ボストンレッドソックス(野球)などが有名。マサチューセッツ州。マサチューセッツ州…といえばマサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、ボストン大学、バークレイ音楽大学などがある学生の街でもあります。

「グッド・ウィル・ハンティング」の影響もかなり受けてたな。舞台マサチューセッツ工科大学でとても素敵な映画で、見るごとに感動は大きくなる作品なのだ。
ハーバードスクエア。
映画で出てたよ。(スカイラーとお茶してるシーン)
ボストンは学生人口が非常に多くて、住民の平均年齢もアメリカ1若い。留学生も多く、治安もいい都市←そうとういい。
ボストンは、南米に近いため、留学生人口は南米からが1位、続いてヨーロッパ、アジアということで、日本人が少なめで勉強の環境もいいかなと決めた。 ついでに南米や、ヨーロッパの話を教えてもらえたら嬉しい!と期待。

元がイギリス領だったこともあって、町並みはヨーロッパ。と聞いて、検討してるうちに一番引かれたわけです。
ボストンはこんな感じ。通学路。
コープリープレイス(ショッピングビル)から…意外な夜景の綺麗さに一枚☆
経済的な事や、歴史や環境、語学学校のよさ、なまりなど自分が重視したいものをきちんと考えて選ぶのも大切だけど、それ以上に惹かれる街であることが大切だと思う。

ホーム   NEXT