Eclipse Diary P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12

メルボルンへ行く

旅の準備など

今回の旅の目的は2012/11/14の皆既日食観測。観測はケアンズでできるのですが皆既日食前後は航空券が高騰していたため前後に日程を伸ばすと2週間滞在しないと安くならないので(滞在費とトントンですけどね)どこか1都市絡めることに。エアーズロックがかなり有力だったが…日本から直接でも高い〜ケアンズからの往復も高い〜(想定旅費+10万コース)そもそもアジア周遊→オーストラリアに旅行予定を変更した時点で予算+10万となっているので…断念せざるをえない。
シドニーでシルクドソレイユが上演してたので行こうかと思ったがこちらも航空券高かったので却下。そいやどっかでペンギン観れたはずと調べたらメルボルンだった。お洒落っぽい町並み、近郊にはワイナリー、SOHO地区などもあるし、航空券も安くとれそうだったのでメルボルンに決定〜☆

ジェットスター(LCC)の落とし穴

無い無い尽くしだからこそ安いLCCですが、普段のサービスに慣れすぎているゆえ水すら有料なこととか忘れていた。water pleaseしたら請求されて思い出し「え?お金いるんだっけ」とワタワタしてたらサービスしてくれたが(毛布とかもなーんもないよ)。落とし穴といえば受託手荷物の重量によって値段が変わっていくのだが、適当に安いのチョイス(15kg)してたら出発の成田空港で5kg超過料金6,000円とられたわい。今思えば手荷物(10kgまでOK)に分けちゃえばよかったんだけど。ネットでチェックイン前に重量変更すれば超過料金も割安になりますので忘れないように〜。

旅費

航空券(成田→メルボルン→ケアンズ→成田 超過料金込)
127,307円
宿泊(13泊ドミトリー)
32,986円
観光&オプショナルツアー
43,679円
食事
48,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
251,972円

これにネット代、クリーニング代、街中での移動費、雑費など2万ほどとショッピング。LCC利用、ドミトリー利用と節約旅よりだと思うが観光や食事も時にはちゃんと遣いつつなレベルでこんくらい。行く人の参考になればと公開してみた。

メルボルン到着

11/6 何人かの友人が皆既日食行くかも…という話にはなっていたんだけど結局地球の荒らし方・外院のフクちゃん男子と放浪乙女の野ぎくさん女子だけになった。

フクちゃんはエクリプスパーティーっていう郊外で行われるフェスにキャンプしつつ参加するとかでプランが違うので一緒に観ることはないだろうが、市内に戻ったら遊ぼうねーなんて言っていた。フクちゃんとは同日出発で出発時間も近かったので成田空港でちょっと会うことにしてちょっと合流。フクちゃんとフェス参加する人々も一緒だった、そういうのも楽しそうだね!ただわたしフェスとかパーティーとか苦手な人間ゆえそういうの行っても楽しめない人(残念なことだ)…どのみち入場料30,000円とか自力でテントとかムリな話なのですが。みなさんをケアンズに見送りわたしはメルボルンへ。

少々せまい座席でも爆睡しながら朝到着。エアポートバスで市内の主要駅へ行きとりあえず“シェパードパイ”というマッシュポテトとひき肉の煮込み?をパイで包んだ(いちおオージー名物)をたべて腹ごなし…小ぶりに見えて結構なボリュームだった。そこからホテルへ行こうとトラムに乗るもお金とかどうすんの…?ときょろきょろしてたら親切な女子2人が大丈夫〜?と社内でのジェトンの買い方を教えてくれたり、それを見てた真っ赤な帽子かぶった紳士さんもどうしたどうしたみたいになって、結局彼が乗り換えるのとかまで手伝ってくれてしょっぱなからオージー=いい人になる。

St Arnaud Budget Hotel, South Yarra

朝食フリー、パスタ米フリー、紅茶ココアコーヒーフリー。キッチンは塩こしょうくらいは置いてあり、調理器具も食器も結構そろってます(キッチン利用は夜9時までだっけかな?)。wi-fiフリー。毎日バスタオル変えてくれるのがいいとこ。ドミが男女混合、シャワートイレは室外なのがちと面倒。

同室になった子とちょっとだけ夜散歩に行ったのだけど、この日はメルボルンカップという大きな競馬がありみなドレスアップして街に繰り出していて華やかな夜で、酔っぱらった女の子たちがヒール靴を脱いで裸足で歩いてるのをよく見かけた。広場では野外映画で「アーティスト」が上映されていたよ。

ホーム   NEXT