旅エッセイ

マリファナのこと
万国共通笑顔
茶壺でビール
ホテルを自宅化
Italia de date1
熱中症体験
可愛い自分に旅させよ
初・一人旅の不安

マリファナのこと

アメリカ

私が留学したとき、マリファナは一度体験してみたいものだった。
こんな発言あまりよろしくないので、誰にも言わなかったが、チャンスがあればどんなものなのか知りたかった。あまり公式な説明会では教えてくれないが、不良留学生じゃない私の生活圏でもマリファナが目に付くことは多々あった。

同じ留学生でも、「絶対に手を付けないと決めてきた。」人、「そんな環境には行かない。」人…果ては手配してるやつまでいた。

体験?

マリファナの事ばっかり考えていたわけではないが、渡米して10日ほどでチャンスは訪れた(笑)何かの話からマリファナの話になり、今も持っているというじゃないか!私は一度体験だけやらして!とお願いして車でこっそり吸わせてもらった。

だけど、私はたばこも吸えない煙に弱い人間なので、吸い込むことが出来ず、咳き込み、苦しく、いまいちよく分からないまま帰った。ベッドの中でいつハイになるのかなー?でも今ハイになっても困るよな…。と考えてるうちに寝てた。
そんなわけでそれ以来、機会があっても手をつけてないので、未遂だし、ハイになってないし、体験できたとは言えない…が私は酒でいいやと思っている。

カナダ・モントリオール

本当にいい街で、なにより、フランスの街なのにカナダ人が多い所がいい。数少ないが出会ったカナダ人というのは、本当にいい人が多いから。お店に入ってトイレを借りるだけでも、エライ話しかけてきてくれ、街を歩いていてもヒマなカナダ人は話しかけてくる。

ただどこを歩いていてもチョコレートの様な甘い香りが漂っていて、「この街ってマリファナ普通にやってる人多いね。」という話になった。もしかして、ヒマなカナダ人はマリファナを吸っていて陽気だったのかもなー。

興味があった理由

単純な憧れみたいなもので、学生時代に映画英語というカナダ人の先生が教える授業があり、「Reality Bits」というのを題材に授業をした。映画ブログにも書いているが、好きな映画になった。

その中で、マリファナを吸ってキャーキャーと騒ぎながらガソリンスタンドに行き、たくさんの食べ物を買うシーンがあり、そこのシーンの解説で、アメリカのガスステーションは日本のコンビニのようだということと、マリファナを吸うとお腹が空くんだよ。と教えてもらった。実はただそれだけなの。
どんだけお腹が空くのか、どんだけハイテンションになれるのか、知りたかったのだ。

まさか先生も普通の女子がマリファナ体験に興味を示すなんて思っていなかったんだろうな。嬉しそうに話していたから、きっとあの先生も若い頃やってたのかもしれない。

結局未遂だから、お腹も空かないし、気分も変わっていないし、よく分からないまま枕が煙り臭くなっただけの体験になった。

ホーム   NEXT