旅エッセイ

マリファナのこと
万国共通笑顔
茶壺でビール
ホテルを自宅化
Italia de date1
熱中症体験
可愛い自分に旅させよ
初・一人旅の不安

熱中症体験

どうしてなるの?

それは、調子にのって遊びすぎるからです。

2度ほど体験したのは、どちらも旅行中で、普段はめんどくさがりで行動的とは言えない私も、旅行中はかなり元気に行動する。
体力があるから安心だとよく言われるんだぞ。

ただ、普段自然の中で遊ばない私は、日差しの怖さを知らないので、ガンガンに日差しを浴びてダウンするのでした(泣

吐き気と目眩

人によって症状は色々だと思いますが、マイパターンは頭痛がしはじめて、フラフラしてきて、吐き気がしてくる、最終的には目眩がして立つのが辛くなります。

その日は灼熱の中、自転車で1日観光したのです。
途中で日差しがきついからと、シャツを頭からかぶっていたのですが、レンタ屋で自転車を返す為に降りたとたん、フラフラと足が浮いて吐き気がしました。
“あれ〜吐くかもだ〜”どういう事に自分がなっているのか分からず、思わずそこにあったオープンカフェの席につっぷしました。

レンタ屋のおじさんが連れになんか言ってます、私みたいな観光客見慣れてるんだろうな、こうしろ、あーしろとアドバイスされている様子。
私もほんの数分で、吐き気が治まったので、ふらつきながらも水を買ってホテルに戻って、エアコンをかけて水飲むと睡魔に襲われて寝たzzz。

起きると、頭痛は残るものの、良くなっていたので大事には至りませんでしたが、初めての体験でかなり怖かった〜!

2度目の熱中症

1度経験しただけに2度目は、途中でやばいなーと気づいた。
水をたくさん飲んで日陰で横になった(眠くなるのは何故だろう?)、一気に1Lを普通に飲めたのですが、それって、すごいではないか、どれだけ水分蒸発してたんだろう…。
そして、途中でかき氷を食べるとかなり身体が楽になった。

それでも小一時間観光していると、ダウンしそうになったので宿に戻り、お菓子(塩分)と水分を摂って寝むると良くなっていた、これに加えてビールと水割りを飲むと絶好調になった。

私の帽子

どうも、日差しよけの帽子って可愛くないから嫌いなの、似合わないし、邪魔くさいし。
まぁ、タオルかぶったり、洋服かぶったりしているより、可愛いだろうし(?)、そもそも似合う似合わないというより、普通でいいと思いますね、はい…。

2度の経験をふまえて、私はやっと石垣島を旅行中に帽子を買った、白くてツバが大きな帽子。
そいつは、自転車でスピードを出して走ると飛んでしまうので、使えないやつだけど、一応自転車以外のシーンでは守ってくれたと思う。

旅行から帰ってきてからも、せっかくだからと帽子をかぶって自転車に乗ったら、案の定飛び、それを反射的に抑えようとしたせいで、自転車でひっくりかえり、肋骨にひびが入った……。

やっぱり嫌い(泣。

ホーム   NEXT