デリーでごねる

フライトの関係でデリーを1日観光する時間ができたが…やっぱりデリーは雰囲気が好きじゃない。 「へい、ジャパニーズ鴨よ、どこへ行くんだ?」などなど声がかかる。

自然と断り方も、交わし方も上手になっただろう私、『あ〜、このジャパニーズ引っかからないな。』という表情と共にバ〜イと言って去っていくのが快感でした!! まぁ、かわせただけで精一杯ですけど。

フマユーン(Humayun's Tomb)

私のガイドブックでは5$または250Rsと書いてあったので、ルピーは空港まで+αしか残さず買い物しまくり後来たんだけど、もう$取り扱いはないというじゃないか。 両替するにも、リキシャに乗って行くような距離のところしかなかった。

チケット売り場の職員にすごいごねてみたが無理だったので→その辺にうろうろしているインド人に両替を頼む…チェンジ?チェンジ?…

うん?普通逆だよね、散々言われて鬱陶しかったんだけど…自分がやるハメになるとは。 チェンジ?チェンジ?と声をかけて歩くる私;…しかも断られてたしw

もう一度チケット売り場に戻り「本当にお願いだよ、これを見たくてデリーに来たの。」「あと数時間しか滞在できないので両替する時間がないの。」などなどお願いしまくった。 そうしたら、なんと$で売ってくれましたー!! きっと前半の私なら交渉できなかっただろうっ、なんか違う意味ですごく嬉しい(?)
ここをくぐると… これが見たかった
中はきれいな光が入るように 修復に使うのかな??レンガです
*クリック*

ここはタージマハルの参考建築にもなった建物で同じくシンメトリーになっています。 人様に迷惑かけて入館したにもかかわらず、失礼ですが…、タージマハルを見た後に見ると世界遺産といえど物足りない。
比べたら小さなこの建物だけど、この透かし彫りはとてもきれいに見れます。
フマユーンの敷地内で作業中の人達、写真撮らせてとジェスチャーすると気づいた人達が笑顔を向けてくれました〜☆

インド門(Indian Gate)

ここは一応見ておくかと寄っただけだったんですが、予想以上に感動しました。
この周辺を散歩してから、コープリープレイスをふらふらしてから空港に向いました。 なんてゆうか私の中でバラナシが素敵すぎて、バラナシ後はおまけのような感覚になってしまっていました。

ただね、デリーのうるさい街並みをオートリキシャで走っていると、このうるささが無い世界に帰るのがすごく寂しく感じたな。 インドが楽しい、好きだなーと思うのは、どーしようもない男を好きになっちゃうのと似ている?!とか思うのですよね。 だって、インドってこうだったよっ、って説明すると、それって楽しいの?!って思われることばかりなんだもん(もちろん普通に楽しい事、いい事もあるけど)。

不思議な魅力の国、めちゃめちゃ楽しかった!

ホーム   NEXT    インド旅行記TOP