おぉ、サトウ氏!!

とにかくホテルに帰って一息つきたい…とメインバザールに向って歩く…少し歩くたんびに「リキシャー?」だの「ジャパニ?」だの聞こえてくる。普段の私ならそういうのも楽しめるんだけど、とりあえず今はそれどころじゃないくらい疲れてるからやめてくれるかな(泣)

生絞りジュース

おぉ、ジューススタンドじゃん。めっちゃ美味しそうっ、とざくろを指差し注文。
ここで、少し落ち着いた私は、やっと写真を撮るというツーリストとしてやるべき事を思い出した!!…けど、どこも行ってないし…旅行代理店巡りしただけだし…そりゃ、撮ってないわ。
これって家が出来上がってるんだろうか?
見れば見るほど未完成だと思うのだが。

そもそも2階に座ってる人達は商売になるんだろうか?

デリーに知り合い?

しばらく歩いてると「ユキサ〜ン、ユキサ〜ン!」「ジャパニーズガール!」それって私?と振り向くと、昨晩行ったカフェレストランがあって店員が呼んでいた。方向音痴だから、どこ歩いてるか分からなかったんだよね…って、そこにいるのは、サトウさんじゃないですか?!

サトウさんは同じ飛行機だった人で、昨晩もここで見かけて挨拶した程度の人なんだけど、今の私にはオアシスのような人!!


「サトウさん!!ちょっといいですか!」と勝手にテーブルに着く私。
「あっ、どうぞ…?」
「聞いてください!今日こんなんで(中略)〜!(泣)」
「それは、それは…でも僕さっき列車のチケット買ってきたところだよ…。」


うすうす気づいていたけど、やっぱり開いてたんかい?!


そして、サトウさんは見た目通りインドに何度か来ている人だったので、私のプランを伝えどうしたらいいか、一緒に考えてくれた。しかも、鉄道チケットを買う場所(外国人用カウンター)まで案内してくれることになった。
外国人用カウンターは、私が行こうとした所と全く逆の場所にありました(恨)でも日曜日ということで、14時で終了…14時まで開いてたんだね…その間私は旅行会社で鴨にされてたんだね…(T_T)
お昼に食べたシンガポールライスだっけな?スパイシーなチャーハン。ラッシーは日本で見ないソルティという塩入にしてみたんだけど、これがうまい♪
とにかく場所が分かっただけでもありがたい、明日の朝行くことにして、サトウさんが列車の時間まで暇だそうなので、またカフェに戻り、お昼ごはんを食べて、チャイを飲みつつ私のプランを練り直すのに付き合ってもらうことにした(メイワク?)数時間だらだらした後、気持ちが落ち着いたから観光行ってきます!というと、店員がおれもサトウと行くといい(勝手に決められるサトウさん)、3人で行くことになった。

Lakshmi Narayan Temple(ラクシュミー・ナーラヤン寺院)

ライトアップがきれい お供え用の花や、お香、ビンディが売っている
寺院の前に靴を預けるところがあり(外国人は別の場所で靴とデジカメ、携帯などを預ける)、みんな裸足で入っていく。 来ている人たちは、みんな正装していて、特に女性は明るい色のサリーやパンジャビードレスを着ているので、暗闇で目立ってきれいだった。

中は天井が高くなっていてシャンデリアがあってすごくきれいで、色々な箇所に神様がたくさん祭られてて、祈る人たちがいて神聖な雰囲気だった。 インド人店員がビンディをつけてくれたり説明してくれたりした。 最後の部屋では生演奏のプジャー(祈りのこと)が見れた。シヴァ神についての曲で、簡単に言うと「嘘はいけない、盗みはいけない、家族を大事に〜その他人生を良くするための教え」だそうだ。
それにしても、観光しないサトウさんが、ここ良かったね、来れて良かったよぉ〜、自分だけじゃ絶対来ないし、ありがとう。と言ってくれた。 つき合わせて悪かったかな?と思っていたので良かった。


またカフェ近くに戻ってくると結婚式のためか、音楽や太鼓が鳴っている…それに驚いた野良牛がすごいジャンプをしてインド人にぶつかった!!インド人がビックリしてる!!
私にじゃなくてホント良かった〜。
ビンディ付いてるの分かる?! 夜のメインバザール
またカフェに戻ってビールを注文して飲みつつ、サトウさんを見送った。サトウさん、禁酒するんですよ〜って言いつつ、飛行機で4缶、昨晩2瓶、今晩(私に釣られて)1瓶…今から行くところはお酒が手に入りづらいから大丈夫だと思うって言ってたけど、どうしてますかね〜?その後、インド人とイギリス人の旅行者カップルが来て混ざり、カフェのオーナーも酔っ払いながら混ざり、にぎやかで楽しかった。

は〜1日長かった!

ホーム   NEXT   インド旅行記TOP