鉄道のチケット予約

駅前の野良犬? 駅前の野良犬?
例のインド人店員が仕事の時間まで付き合ってくれるというので付いてきてもらった。2階に行くと外国人用部屋がある。そこにインフォメーションあり、外国人用カウンターがたくさん並ぶ。 用紙に名前やパスポートナンバー、希望の列車ナンバー、クラスを書き込んでインフォメーションのおばちゃまにチェックしてもらう。

このおばちゃま態度は相当悪いんだけど、提出したルートについて「この乗換え駅で夜を明かすのは女の子は辞めたほうがいいと思う」と新しいルートを探してくれたりして、ありがたかった。

やっとチケット購入!

カウンターへ行くとそこのお兄さんが発券中に「あの男は誰だい?」「どういう関係?」などインド人店員のことを聞いてくるので、騙されたりしてないか心配してくれてるのかな?と思って説明すると、「そうかそうか、インド料理は好きか?」と今度はよくある挨拶話になったな、と思っていたら、「コプリープレイスのインド料理は美味しいから、今日行かないか?」ってただのナンパだった。

今後行く人用メモ

最初は適当にその都度チケットを取りながら進む気でいたけど、予約自体もめんどくさい上に、慢性的に込み合っているインドの鉄道…予約が取れないらしい。 時間の制約のある人は、デリーで全工程予約してしまうか、インターネットで予約できるので早々と手配しておくのがいいと思います。

インドの鉄道はクラスが細かくあるので、これもめんどくさい。 私は中〜中の上のクラスを使ったんだけど、値段もそこそこで、清潔でベッドも広いし、周りの人も身なりがきちんとしていて、親切にしてくれるし、車両には予約がない人は入れないようになっているので(基本的には)、それも安心だったので、ケチらなくて良かった〜と思った。
実は怖いもの見たさで、セカンドクラスにも乗ってみたかったんだけど…というは一番下のクラスで安くて予約も要らない車両があるのです。そこが一番インドの列車って雰囲気が味わえるらしいの。

次回、勇気がありましたら…。

ホーム   NEXT   インド旅行記TOP