Italia Diary

ナポリ(uno)
ナポリ(due)
レッチェ
アルベロベッロ
ローマ
フィレンツェ
ベネツィア
ミラノ

italia−ナポリ(due)

ナポリ3日目

5時くらいに目が覚めた。カプリ島に行くので、ちょうど良かった。メルジェリーナ港からカプリ島へ渡ると、船乗り場で日本人の2組に会った。新婚旅行カップルが一緒に行こうというので、当初の予定ではバスで洞窟近くまで行こうと思ってたけど、一緒に船で行くことに。 だけど、これが高かった。やっぱし小舟までバスで行けば良かったな。もう1組は女の子2人で、ユースで友達になったらしい。

それにしても、すんごい海がきれいっ!!リゾート地も色々行ったけど、グリーンではなくて水色でもなく濃いDeep Blue地中海だよー。 しかも離れて見るカプリはホント素敵。

Molto Belli

 
本当に濃い碧い世界でTVで見たのと一緒!だと感動して写真をたくさん撮ったけど、光の加減でうまく撮れなのね。
ハッキリ言ってカンターレ(歌のサービス)はいらないんですけど…うるさかったし。それなのに女の子2人は10,000Lit も渡すじゃぁないか、相場越えてる価格なのに…私だけ半分なワケにもいかず、払うことになったのがなんか悔しい。

その後、またカプリに戻ってきて女の子2人と港近くのカフェでランチ。パニーニ、固くておいしいかった〜。

←こんな崖から入っていく青の洞窟

港で2人を見送ってから、もう1つの名所アナカプリにバスで向かう。リフトでMonte sololo(山)に登って、島を見渡すためなのに…悪天候のため運行停止となっていた。何の為にアナカプリに来たんだろう?仕方ないので散歩でもして帰ろうと思ったら、きれいな町並みでビックリ!新婚旅行なんかでまた来れたら幸せだろうなー(ここに泊まるならカップルがいい!)。

写真を撮ってくれたおばさま達が、San Michele Museo(サン・ミッシェル美術館)を勧めてくれたので、近いようだし行ってみることにした。それなのに道案内版を見落とし山をかなり下ってしまった。疲れもピーク、きれいな見晴台とかあったけど“おかしい…私迷子になってる"と気づいてからの心細さっていったら。

ベスパが時々走っているので停めました!

ヒッチハイク状態。もう歩くの限界だったし相当下ってきてしまったようなので、もう登りは無理だと思って(この感覚がすごいw)。そして、いいおっさんは、2ケツしてくれた。イタリアまで来てなにやってんだか、私は。

San Michele Museo(サン・ミッシェル美術館)

アナカプリの隣にあった…(苦笑

作家なのかな?置いてある資料はよく分からなかったけど、建物がかわいくて好き。美術館を出てカプリに戻り、何種類か試飲してカプリ島の名産レモンチェッロを2種類買った。1つは普通の瓶だけど、もう一つは月の形した小さなボトルでとてもかわいいのだ♪

カプリの町について

ホテルが多い。ペンキ塗りしている人が多い。さすが、白と水色を基調とした町、真っ白を保つにはペンキ塗りが必須なんだなと感心。

こんな映画にも出てきそうなおもちゃみたいな町並みって見たことありません。

表札とかもすごいメルヘンで、レモンの香りがただよってる。ただ歩いてるだけで、のんびりしてて、ホッとする。いつかナポリ住民になって、週末はカプリなのって生活がしたい!

サンタルチア&卵城 (Castel dell'Ovo)

最終の船で戻ってきて、夕方がきれいだという古城(アンジュー家の城)に向かう。ナポリ湾がきれいなんだとか。
卵?何?と思っていたけど、ここ来なくてナポリに来た意味あるの〜?ってくらいナポリ港と町並みと、夕日が素敵。圧倒される美しさだった。

カメラのフィルムがなかったのが悔やまれる。卵城の壁にさわると、なんだか暖かみを感じる。歩いていると、涙が出そうだった。 夜も更けてきたので、スパッカとキェーゼに行くのは諦めた。いそげば行けるけど、卵城でゆっくりしたかったし、とにかく沈んでく夕日がきれいで、ずっと居たいと思ったからいいの。

ターラントへ?

ホテルに預けて置いたバックパックを取り、ホテルのおっさんにバイバイ。

オレンジジュースの専門露店。

ブラッドオレンジという真っ赤なオレンジを搾ってくれるお店だ。「おじさん、お店の写真撮らせてね!」というと、「こっちに来て、一緒に撮ろう♪」そう言って、通行人に写真を頼んでくれたので私も中にいます(笑

トーマスクックできちんと調べターラントに朝着く予定でいたのに間違えたらしい。どうやら私が乗り換えした列車は、ターラントの手前の駅で車庫に入ってしまった。さて、駅員が言うには今夜はターラント行きはないという。

いやいや、ちょっと泣きそうだ。ガイドブックにない町だし夜だし改札の外を見るとTaxiしか見えないし。
とりあえず(?)駅員に泣きつくしかないという決断。

また戻ってきた私に駅員が気づき「恐いし、貧乏だし町に出たくないからここで始発まで寝かして!」と言うと「とりあえず安いホテルを紹介するから駅は出てね。」ということになりTaxi乗り場まで一緒に来てくれ、話をつけてくれている様子。

失礼なことに、警戒してタクシーの兄ちゃんのことを「こいつは大丈夫か?ぼったくりしないだろうな?!」みたいな事を言いまくった(本当に怖かったんだもの…)ら、イヤな顔一つせず、女のドライバーの所に連れて行ってくれた。
多分私の英語は通じておらず(私もあちらも出来ないから)、男だから心配だ〜!って言ってるように思ったのかな。

見知らぬ町のホテル

もうやけなのと、お腹へったので、パスタとワインをホテルのレストランで頼んだ。ボンゴレムールとあさりとえび。具の量が多すぎて、パスタが見えないの、ちょーおいしかった。

蒸留酒で有名なグラッパを食後酒としてチャレンジしてみたけど、すごくきつい。こんなの飲んでんで、ホントにお腹スッキリするのか?
ボトルで出てきたけど、どれくらい飲むものなのだろう…?部屋までの階段でかなりフラフラになっている自分がおりました、言うまでもなく寝おちしてました。

ホーム  NEXT