Italia Diary

ナポリ(uno)
ナポリ(due)
レッチェ
アルベロベッロ
ローマ
フィレンツェ
ベネツィア
ミラノ

italia−ローマ編

ホテル探し

目星のところは、ベッドが空いていなかったので、他のドミトリーを紹介してもらった。やっと安く泊まれた。都会はドミトリーがあるからいいな。
しかも、ここの管理をしてるマリオは、日本語勉強中の陽気な兄ちゃんで交渉が楽ちんだった。他にアルバイトしている女の子達も、日本文化会館?とやらの学生らしい。

ローマ−1日目

コロッセオから。
これは、最高にかっこいい建物だった!もっと普通な建物かと思っていたけど、威圧的で時代を感じた。

日本人ガイドを雇っている方の後ろに立って、盗み聞き。雨で濡れても平気なように、漆喰を塗ってるんだそう。

ここで、壮絶な見せ物があって、それをイタリア人は楽しみにしてたんだなぁと思うと、そんな場所が残っていることに感動。
コロッセオ駅で食べたピザは、マルゲリータを半分に折って渡してくれる、ファストフード風なスタンドだったけど本当においしかった。

Foro Romano


すごいのはよく分かったけど、勉強不足のため意味不明。

真実の口

一応、真実の口に行ってみた。(ローマの休日で有名)が、興覚めした、観光客が遊園地みたいに順番に並んで写真撮ってるの、例のポーズで。そんなの見ると趣も感じなくて、他の名所に行くののが億劫になっちゃって、ただ散歩するだけにした。

ドミトリーにて

ドミトリーに戻ると、あつこちゃんという日本人がいたので少し話した。オーナーのマリオに一緒に日本語を教えてあげた(彼女は時々教えてあげているそうだ)。
昨日は1人だった部屋にも、チリの女の子2人と、フランスの女の子2人と、フランスの男の子1人になっていて、チリの女の子達は、フレンドリーでお互いつたない英語で話したりして楽しかった。

ローマ−2日目


あの有名なヴァチカン(美術館)!すごい人!ここでは、オーディオガイドを付けてホントに正解だった。
ギリシャの芸術が深く関わっていることが分かる。そういえば、アルベロベッロも、ギリシャから渡ってきた建物らしいし、イタリアとギリシャを一緒に旅行する人って多いもんね。

ラファエロの‘聖体の論議’、これには、ラファエロ本人が自画像を描いちゃってる。 あんな大きな大切な作品に、自分を入れちゃうなんてユニークだわ。

他に、印象に残ったのは、2才以下の子供を殺す絵(聖書の一部)。子供を守る母の表情がとても生々しくよかった。‘最後の審判’天国と地獄、こんなの描くなんて本当にすごいよな。

サン・ピエトロ

ペテロがここで処刑されたのね…と思いながら徘徊。公園自体がきれいだった。近くのジェラート屋がおいしかった。

Pantheon(パンテオン)


またもや日本語ガイドを盗み聞いた。それによると、ここは生活(日常)の場で真ん中の穴から光が入り込んで照らした像によって時間が分かるしくみなんだって。それってすごいオシャレよね。
今は3人のお墓になっているんだって、ちゃんと聞くとおもしろいなぁ。

……頭が痛いのでドミトリーに戻ることにする。

あつこちゃんがまたいたので語る。恋愛とかイタリアの旅行についてとか、実は恋してるのは、マリオみたい。今は、語学留学としてローマで1人暮らししてるそう、いいなぁ。マリオの弟にも会ったけど、ルイジーってな名前らしい… ホント?冗談かな??

ローマ−3日目

←すべて人骨です。

最後に、‘Santa Maria Immacolata Concenzione’(骸骨寺)に行った。
これは本当に感動してしまって、涙が出た。それがこの一言で…

" What you are, We used to be "
" What we are, We will be "

和訳:“君たちのように我々もかつて生きていた。我々のようにやがて誰もが死を迎える”

4000人の人骨の中で『あぁ、この4000人の人も生きて、イタリア人の大きな目を輝かせながら、何百年も昔に生きてたんだなぁ…』って思うと、骨に皮膚がつき、目玉がついて生きていた頃を想像してしまって、なんだか感動しちゃったのです。

フィレンツェに行くつもりでいたのにFS(国鉄)がストになり、その日は出発できなくなってしまった……。“ありえね〜”(ローマ飽きちゃったし)イタリアって、電車の遅れは何十分なんて余裕であるし、ストライキもよくあって、列車も動かなくなる。
みんな慣れっこなんだろうな、普通にしてる。どんなに日本が忙しいのか分かりました。私にはこんくらいのペースがあってるかな☆…でも出発したかったー!

ローマ−4日目

せっかくなので、トレビの泉、スペイン坂、ベルベリーニ広場など、散歩とか、ウィンドウショッピングをしたりする。トレビの泉は、たくさんの人がいて、デートしてるカップルもたくさんいてほほえましい。ローマは洋服もカワイイモノが多くて見てるのが楽しかった。
だけど、買い物はフィレンツェまでとっておくのでチェックだけ。ブーツなんて個性的なシェイプのがたくさんあって、思わず買いそうになった。
余分な1日が増えてしまったけど、ローマを散歩しまくったのでここだけは土地勘ができたし、名所も結局回れたから良かったかな。
地元の人と話すと、ローマでも次はどこの都市に行くの?とかどこに行って来たの?と聞かれるのだが、みんなフローレンス(フィレンツェ)はいいトコだよ!イタリアで一番美しいよと勧められるので行くのが楽しみだな。

やっとフィレンツェに

出発前にテルミニ駅でお茶していると、シニョーレがクッキーをサービスしてくれた。「キレイだからサービスだよ」って。さすがイタリアメンズ〜ラッキ☆

ホーム  NEXT