Tohoku Diary  P1  P2  P3

気仙沼

GW4年ぶりに東北へ行くことにした。今回はドライブしたかったので実家(神奈川)の車で行ってきた。神奈川→気仙沼→盛岡→会津若松→神奈川というルートで5泊6日。

5月2日
仕事を終えて渋滞しないであろう2日夜中に出発。車もナビも古い上に道路事情に疎いので、東名→東北自動車道間を下道でムダに時間をかけて行くことに…。郡山に24時間営業の温泉施設を見つけていたのに眠気に負けて手前のPAで寝てしまったので、小汚い風貌のまま気仙沼で友人と会うことになってしまった。

5月3日
1人で車で来たの褒めてくれたよ。迎えにきてくれたバイクで誘導されつつ“南三陸さんさん商店街”にランチしに。ここはよく東北復興関連のニュースで見かけるところ。いずれはまた他の場所に商店街は移設される。

南三陸さんさん商店街

志のや

商店街を散歩する。ホヤも帆立もウニも安くてびっくり。

ホテル観洋

前回も行った日帰り温泉へ。ここの露天温泉は南三陸の海を眺めながら入れるので最高だよ。820円ですし(タオルなどは別途)。4年前はこんな風に海には何もなかったのだけど、それは養殖設備が流されたからだったそう。今は銀鮭の養殖が復活したそうで、黒い点々のような設備が海に浮いているのが見える。

南三陸から気仙沼(友人宅)までの道のりは、津波被害が酷かった海沿いで、防災庁舎や、あの時見知った土地名がたくさんある地域で、いまは更地だったり土台造りが進んでいたりするんだけど、5年前、4年前が簡単に思い出せて胸が苦しくなった。

友人宅へ到着するとBBQメンバーがちらほらと集まって来ていて、震災時orその翌年のBBQ以来の再会になったので嬉しかった。この日入籍してきたカップルもいてめでたい会であったよ。
BBQの準備を申し訳ないけどまかせて、友人のビックスクーターでにけつして裏山を登ったり、高台に新しくできた町内などを案内してもらったりした。復興は少しづつ進んではいても、範囲も広くてなかなか進まないらしかった。
戻ってからも、BBQはまかせっぱなしで…。ちょっと気をきかせようと砂肝を網に乗せた記憶はあるのですが、焼いて配ってるのは別の人でしたし、気づいたら寝かされてましたし本当役立たずですわ。

ホーム   NEXT