Nagano Diary  松本市内観光&美ヶ原温泉  安曇野観光

松本市内観光

旅の準備など

高校時代の同級生女3人旅。実は金沢へ行く予定だったのだが直前にわたしの自動車免許が失効していることが発覚、運転手1名になってしまったので近場の長野に変更をしたのだが今になってみれば新そばシーズンに行けてよかったではないか。10月体育の日をからめた連休のため渋滞など考慮して前日夜中に車で出発して3〜4amくらいには到着して、タイムズに停めて車中仮眠してからのスタート!

松本城

松本城公園にて信州・松本そば祭りが開催されていて賑わってました。とりあえず朝ごはんに新そばをたべたのですが香りがいいわ。
別名「烏城」黒いお城だからだそうだ。歴史に疎い私でもなんだかんだ面白くて結構長く見学していた(連休で混雑していたのもあるが)。敵が上がってくるのを防ぐ「石落とし」鉄砲を構え撃つ壁に開けた穴「鉄砲狭間」、敵が一気に階段を上がれないようにするため階段が急だったり、天井が低く作られていたのが印象的。それと「月見櫓」という月見をするためにつくられた間があり、そこまでの見学は狭苦しい雰囲気だったのにフッと解放される。月見をする間というのをわざわざ作っていたという粋な発想って季節や風物を大切にする日本人らしく好きだな。展示物も結構多め、覚えているのは様々な種類の鉄砲、写真にあるような手作り囲碁などの娯楽品など。

ワイナリー

私たちが宿泊するのは美ヶ原の方にある温泉地なのでそちらに移動して、宿へ行く前にワイナリーがちょいちょいあるそうなので行ってみる。“五一ワイナリー”では試飲コーナーにちゃんと人がいて説明してくれる。赤の貴腐ワインなんかもありめずらしいので白と合わせて購入。とその向かいにある“井筒ワイナリー”へも。こちらでは試飲はご自由に状態で自分で冷蔵庫からつぐ感じで気をつかわなくて済むけどやっぱ説明聞きたいわ。こちらのワイナリーのB1Fがワインセラー?とういうか熟成倉庫?になっていて自由に見学ができました。

湯宿・和泉屋善兵衛

宿はこだわりのある友人が夕食朝食共に部屋というゆっくりダラダラできるプランを選んで予約してくれたのだ。チェックインすると夕食の時間の確認がありそれに合わせてまずはお風呂へ。この時間帯は貸し切りとかではなかったけど夕食時ってことで私たちだけでしたね。夕食の時間もあったのでそんなに長時間は居られなかったけどもいい湯だったな〜。部屋に戻ると夕食がセットされてるよね、うれしいよね。
夕食は予約時にお造り、焼き物、台の物は個々で選べる(写真はわたしがチョイスしたやつ)。前菜は自家製の燻製。そして〆には毎日手打ちしているという自家製の…この時期は新そば。そのままお酒飲みつつお菓子たべつつ長々と…話していたかったのだが…わたしは早々に爆睡してしまったようで夜中目が覚めると友人達が2度目のお風呂から上がって来たところだった。えーうそでしょうw!楽しい夜に早々に眠ってしまったなんて…2人はもう眠るらしいので(泣)1人でお風呂に入りに行ってきたよー。

翌朝は朝ごはん前の時間に貸し切り風呂を予約したので結構早起き。貸し切り風呂は檜(ひのき)風呂で香りに癒される。昨夜と逆で2人がなかなか来ないので1人占め状態でリラックスー。ほどよいタイミングで2人も来て話しながら入るのもまた楽しいと。部屋に戻ると朝食がセットされてるよね。うれしいよね。
虹鱒も、お豆腐も卵焼きも、細々したごはんのお供どれもごはんがすすんじゃって…ってか米うまいしで…3杯たべちゃったもんね。そしてお布団は片付けないでくださいとお願いしといたので食後布団に戻りwチェックアウトまで二度寝したりゴロゴロしたり至福すぎる…だらしない?いやいや、せっかくのお休みですし。お風呂早かったしいいのです。←いいわけがましい。

ホーム   NEXT