Niigata Diary  P1  P2  P3  おみやげ

寺泊&新潟

12/12
18才はだいぶ過ぎたけど初青春18切符旅。あの頃は海外しか興味なかったけど今は国内外どちらにも行ってみたい場所がたくさんになった。いいことだ。出発前夜居酒屋でバイトして深夜帰宅してパッキングして部屋の片付けして一睡もせずに出発ね。

JR新宿スタート。池袋で乗り換えて一気に群馬の高崎へ。座ったとたん寝落ちして気がついたら高崎に着いてた…特技:どこでも熟睡。まだ2時間弱眠っただけなので眠いわ、お腹も空いてないわでこのまま予定の長岡へ進んでしまおうかとも思ったけど、高崎駅構内にちょっとだけ話題の立ち食いそば屋があるそうなのでがんばることにした。見つけた立ち食いそば屋だが女1人は躊躇する趣ですが旅に諦めは許されないw。

たかべん

注文したのはラーメン。そば屋だけど話題なのがこのシンプルなラーメンなのでした(400円)。
だるま弁当(駅弁)を作っている会社が出店してるらしくて生産時に出る鶏出汁で作るラーメンがおいしいとのこと。ま、このお値段からしたらちゃんとしたスープでおいしかったと思うよ〜。

ここからの電車は扉が手動ボタンにっ!寒い地方だから?新潟はぜんぶ手動になっていて車両の数によっては開かない扉もあったりね。おもしろいね。水上で乗り換えるとすでに雪が散らつきはじめてた。越後湯沢方面へ向かって行くとどんどん雪は激しくなり…ってかすごい積もってるwww
山側は木々に白く降り掛かった雪化粧が綺麗だし田んぼ側は真っ白な世界になっており、いいロケーションである。旅先には雪のあるとこは避けてた雪嫌いでしたがここまでくるとワクつくね。今後も行くかも。

寺泊

長岡に到着するもすごい雪。バスの運ちゃんも「今日はすごいねー」って言ってた。JR外れてバスで寺泊まで行くつもり…こんな雪で寺泊大丈夫なんだろうか…雪は降っていないらしいが…と1時間ほど走って到着した寺泊は強い風雨…ちーん。ここはお魚市場が並ぶところで浜焼きたべつつ飲んじゃおう〜ってつもりだったんだが、お客さん全然いなくて浜焼きもいつからそこへ並んでたんですか…?という感じだし寒いしなので、諦めて店内でたべれるお店に入ってウニいくら丼をたべたけど、これなら築地でも十分じゃん…って思ったりもしちゃったりして。
長岡に戻るも大雪のためすごい遅延してしまったし真っ暗だし…長岡観光は諦めて早々に新潟(市)に移動する。新潟駅あたりは雪が散らついてはいるけど積もるほどではなかった。聞くとこの辺は雪もあまり積もらないんだとか。

駅前漁港

ホテルまでの道すがらお店チェック。チェックインして駅までの道のりへ戻る。たべたいメニューが多いのと賑わっているのが気になって入ったのが「駅前漁港」全員男性客で埋まってたこのお店は女1人入りづらかったけど旅で諦めは許されないんだってば。
たいていこういう店にハズレないし。カウンター席でオススメされたまま刺身注文。気になるメニューばかりだけどこゆ時1人困る…と思いつつ白子軍艦1人締めできたのでこゆ時困らないで済むのでよし 笑。うまいーうまいーって言ってたら隣の席の人も注文したんだけど、そのうちの1個どうぞってくれたw
店長さんに寺泊でのウニいくら丼の話をしたところ「ウニもいくらも寺泊ではとれないな〜」とのことですんー(泣。泣いてたら村上で穫れたという仕込み中のいくらをちょっとたべさせてくれました…おいしかったよ。新潟の人々は優しいですね。

ホーム   NEXT