上海 Diary

マイル万歳☆
到着〜エステ
生煎餅と火鍋
新天地・東台路
豫園・浦東
市場めぐり
上海雑伎団〜帰国
上海さいこー

到着〜エステ

バスでホテルへ

到着pm4:05
バス停の看板。中国に来たな〜と実感するのは熱気のせい?
気温30℃、湿度90%
銀河賓館(ギャラクシーホテル)
中国ホテルでは☆☆☆☆☆!

上海エステへ

SALON MONDECHI(夢都)がホテル近くにあることを知り、散歩も兼ねて歩いて行くことにする。ですが…いつものごとく方向音痴で道に迷ってしまい、タクシーを拾って行く事になった(あほ)。

足つぼマッサージ+角質取り

まずは、お湯を張ったおけに足をつけてしばらく…。よく見るとティーパックが浮いている。さずが中国!温まったら、足にライトを当てながら鉄製のへらで角質を丁寧に削り落としてくる。そして足つぼ。かなり丁寧に時間をかけてやってくれ、時間にしてすでに2時間たっていた。

足のツボで痛いところは体の悪い所を表しているのは有名な話で、この兄ちゃんも「体の悪いところが分かるよ〜」と言い、私は痛い部分を言った。すると「ありゃりゃ〜、そりゃ内臓だわ、胃とかさ。」みたいな事を言っていた(予想)。彼は話し好きなようで、中国語でどんどん話しかけてくるので、私も知っている言葉と辞書の単語を並べて話した。
中国語教えてよーと言うと色々教えてくれるのだけど、発音が難しいので何度も繰り返していると、途中で「だめだ、こりゃ」みたいに笑われて流されたりしたけど、楽しかった。

シャンプー&マッサージ

続いて、美容院の方のいすに移動する。まずは、手の平から肩、首への丁寧なマッサージ。そして、シャンプー……(驚愕

乾いた髪に、いすに座っている状態で、シャンプーを振りかけられて洗われるのだ。これが中国?でもすごいのは泡が飛び散らない事!きれいにきれいに泡をまとめつつ、ヘッドマッサージをこなしていく。これが最高に気持ちが良かったー!!流すときは日本と同様シャンプー台に移動するわけだけど、移動の最中泡を頭に乗せたままなのは笑える光景。

そしてこれはいらなかったんだけど、スタイリング専任?のイケメン兄ちゃんがセットしてくれるのだけど、上海風セットだから、くしゃくしゃにセットしたい私の希望は通らず、どんどんブローされ上海風ショートカットにセットされちゃった。さすがにワックスで固められそうになったときには「もう、寝るだけだからいいよ」と断った(..;)

エステ事情

一応英語できますと紹介してあった店だけど、話す言葉は“ボディーマッサージ?”“ヘッド?”“フット?”くらいで“他にどんなのがあるか見せてくれない?”と言っても“ティンプトン(わかんない)”と言われてしまう。
店の姉ちゃんが手に握りしめてるのを見つけたので、“これ、これが見たいの”と日本語で言って見せてもらいチョイスした。英語が通じないなら、日本語でも一緒ではないか??

その中から選んだのは、足つぼマッサージ(80元)、足裏角質取り(15元)、シャンプー&マッサージ(80元)。日本円にして約2600円ほど!まつげパーマもかけたかったけど、時間が足りなそうだったのと眠かったので断念した。

上海のエステは大きいところでは美容院と併せて営業しているところが多く、色々なエステ・マッサージを取りそろえているよう。価格は日本の1/3程度〜高くても半額ほどが相場だった。英語メニューが無いところは基本的に安価で出来る。

1日目終了

エステ後、深夜近くにご飯を食べに行く元気も、土地勘もなくホテルロビーの喫茶でパンを買う、それとプリングルスとビールで。このパンが日本で買うのと同じくらいするくせにまずくて食べれたもんじゃなかった。ピザ風のパンなのに、パン自体がなぜか甘い……。

後で知りますが、上海は基本的に甘い味付けが好まれる地方なのでした…この後もこれで泣くはめに…。

→NEXT

ホーム