上海 Diary

マイル万歳☆
到着〜エステ
生煎餅と火鍋
新天地・東台路
豫園・浦東
市場めぐり
上海雑伎団〜帰国
上海さいこー

2日目ー生煎餅と火鍋

散歩

ホテルの朝食ビュッフェで、おかゆと饅頭+ザーサイとか餃子を食べて、散歩に出かける事にした。
少年に注目して!横断歩道を歩きながら弁当の米をきちんとお箸で食べてるから!
こんな風に中国の人は食事をどこでも食べてしまうみたい。
デパートで見たマネキンにはチクビがきちんと…。
日本のファッション誌が中国語に変換されて売られている。
上海ローソンのお菓子売り場にて。
これが庶民の住宅。
一瞬ナポリの田舎街とかぶる。…いやそれ失礼w
何かを米生地のクレープで巻くものらしい。
やや繁盛。
人民広場でゆっくりしようと思い歩いて向かうが、地図で見るよりも遠くてタクシーに乗った。地元の人達は助手席に乗るのが普通なようなので、私も乗ってみた。なんか話さないのも気まずいので…なんとか話しかけてみる「日本から来たんだけど、上海は熱いね。」とか。

生煎餅(焼饅頭)

絶対食べたい庶民味“生煎餅”を食べに呉江路にある「小揚生煎館」に向かう。これは簡単に説明すると、小龍包を蒸し焼きにして片面はこんがり、片面はもちもちなもので、上海では小龍包よりよく食べられているらしい。
店の入り口にて。
6人くらいで、練ったり、包んだり、焼いたりしている。
4個で2.5元(約40円)。他の客が飲んでいたスープも注文した。
アジアらしく癖のある味がするけどおいしかった。みんなが飲んでいるのでおいしいと思ったスープはおいしくなかった。中華スープにカレーパウダーを薄く振り入れたような味で……した。

雨が降り出して楽しめなかったのだけど、この呉江路は屋台街で活気がいい道路のようだ。是非また来たい!

火鍋

火鍋は2色鍋のことで、あっさりだしと辛だしの鍋で真ん中で分かれた鍋を使う。
中国では夏こそ鍋みたいな?雰囲気で繁盛している。
ここでは、 旅の指さし会話帳 が大変役にたった。
出汁の種類から、タレの種類、入れる具材などここからチョイスしたものや、店の女の子がこれを見ながら勧めてくれたりしたので、おいしい火鍋が食べれた。
エビは生きたまま串に刺されたのを鍋に投入…うまい。羊肉も、肉団子も、野菜も、こんにゃくの甘いのも…色々おいしくヘルシーだった☆

海賊版DVD

その火鍋屋の向かいにDVDショップがあり、いけないと知りつつも笑顔で入店してしまった。ただし、中国DVDなので、字幕は中国語のみ。だからハリウッド映画を買っても英語で見るか、中国語字幕で見るしかないわけだから、選べるのは日本の映画やドラマが中心になる。そこで3セットほど連続ドラマを購入した→約1800円。
性能はもちろんよくない。CM提供アナウンスが入ったり、地震速報が表示されたりするんだけど、満足した。

2日目終了

ホテルに帰り、少しビールを飲んで寝た。この日はワールドカップ・日本×ブラジルだったんだけど、一瞬起きただけで朝になっておりました。

→NEXT

ホーム