Turky Diary

イスタンブールへ
街散策
バザールめぐり
ガラタ橋&ベリーダンス
トプカプ宮殿〜夜行バス
カッパドキア1
カッパドキア2
ハマム+おまけ
出国→再入国☆
地下宮殿&モスク

カッパドキア2

ツアー参加

二日目は南側の地下都市や渓谷などを回るツアーに参加した。こっちの方は移動距離が長いし、バスなどの経路も少ないのでツアー参加がオススメ。

デリンクユとカイマルクルの地下都市
(Derinkyuyu ve Kaymakli Yeralti Sehri)

左)食料保存庫 右)部屋
地下8階まであって蟻の巣みたいに作られてる。だけど、ちゃんと教会、礼拝堂、学校、寝室etcがあり、その名残がちゃんと残ってた。処罰された場所なども残っている。

結構寒かったっす。

Ihlara Vadisi(ウフララ渓谷)

着いたのが1時半くらいで「ランチはいつなのー??」と聞くと、ここを回ってからランチだと言われる。仕方なく、売店でお菓子を買う人がたくさんいた。
 私もナッツを買った。
渓谷全体の地図
これがずーっと続いている。小川が流れていて、その音と鳥の鳴き声とがピクニックに来たみたいな気分になる。
イエス・キリストのフレスコ画、ここも顔が剥がされている
左)小さな穴が住居になってた所 右)なんでここで撮るの?と言われた。
2時間後やっと昼食♪
名前忘れたけど、めっちゃうまかった(トマト+ラムを鉄板で焼いたやつ)。

ケルヴァンサライ(Kervansaray)

アナトリア貿易の隊商の宿泊所。
ガイドが理解出来ず…なんの場所だろう。
礼拝堂。このポーズで記念写真撮る人多かったわ。
またパシャバーに。キノコ岩の置物を買った。

アヴァノス(Avanos)

焼き物の街で、クズル川の粘土質の土で花瓶や食器、時計などを作る工房がたくさんある。
皿に絵入れしている職人さん。細かい作業!
左)ろくろ 右)イズミックブルーで絵入れされたタイル。

イスタンブールに戻る

カッパドキアはこれで終了!本当にすごい場所だったし、思っていた以上に大きくて、歴史が深くて、来て良かったし時間をかけて良かった。この後また、長時間のバス移動でイスタンブールに戻った。
途中のサービスエリアで軽食を取った。
ポテトとチキンのスープが優しくておいしぃ。

ホーム   NEXT